メニュー

もの忘れ外来

物忘れは、年をとることで、誰にでもおこるものです。
しかし、単なるもの忘れでも、認知症のひとつの症状としてあらわれるものもあります。

認知症の可能性があるもの忘れ

  • 経験の一部ではなく、経験したもの全体を忘れていしまう。
  • 物事の段取りが分からなくなる
  • そもそも、もの忘れかどうかも分からない
  • 場所や時間等が分からなくなる

あくまでも、上記は、めやすになりますので、認知症の診断は、医師による適切な診断と治療が必要です。
認知症は、進行する病気ですので、早めに対策をすることが有効です。もの忘れで気になることがございましたら、是非当院にご相談ください。

発熱患者診療について

実施検査:①新型コロナウイルスPCR

      院内に最新PCR検査機器を設置、13分で結果判定

     ②新型コロナウイルス抗原

     ③季節性インフルエンザーウイルス抗原

     ④溶連菌抗原

     ⑤マイコプラズマ抗原

感染防止の為、院内でのマスク着用をお願いします。

検査に時間がかかりますので、下記の時間迄の御来院をお願いします、予約不要です。

 午前 12時30分迄に

 午後 17時迄に

足立区の感染についてのページ

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME