メニュー

高尿酸血症

高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が通常よりも高い状態のことです。

尿酸*が過剰になると、体の中で結晶を作り、痛風と呼ばれる病気を発症することがあります。尿酸の結晶は足の親指の付け根に形成されると、激痛や発赤、腫れなどの痛風関節炎(痛風発作)を引き起こします。
腎臓に結晶を作ると、腎臓結石の原因にもなります。

どうしてなるのか?(原因)

高尿酸血症は、アルコールや肉食を多く摂取する生活習慣と密接に関連していると考えられています。こうした生活スタイルは、高血圧や脂質異常、糖尿病、肥満などとも関連しており、動脈硬化を進行させない為に治療を行う必要があります。

発熱患者診療について

実施検査:①新型コロナウイルスPCR

      院内に最新PCR検査機器を設置、13分で結果判定

     ②新型コロナウイルス抗原

     ③季節性インフルエンザーウイルス抗原

     ④溶連菌抗原

     ⑤マイコプラズマ抗原

感染防止の為、院内でのマスク着用をお願いします。

検査に時間がかかりますので、下記の時間迄の御来院をお願いします、予約不要です。

 午前 12時30分迄に

 午後 17時迄に

足立区の感染についてのページ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME