メニュー

たこ・ウオノメの治療

たこ・ウオノメの治療たこ・ウオノメは、足の皮膚が圧迫されたり、繰り返し摩擦を受けることによって発症します。

たこは、皮膚が厚くなり固くなるだけですが、ウオノメは固くなった皮膚の中央に芯ができ、痛みを伴うようになります。

たこやウオノメができる原因の多くは、靴が足に合っていないことです。また、靴底が薄かったり、ヒールの高い靴でもたこやウオノメができやすくなります。なるべく自分の足に合った靴を選び、足に負担をかけないことが大切です。

症状が軽い場合は、保護パッドなどを貼り、圧迫や摩擦を減らすことで自然に治ります。しかし、皮膚が固く痛みがある場合などはレーザーや電気メスなどで除去する必要があります。自分で削ると、炎症を起こすこともありますので、自分で処置をする前にまずは、当院にご相談ください。

発熱患者診療について

実施検査:①新型コロナウイルスPCR

      院内に最新PCR検査機器を設置、13分で結果判定

     ②新型コロナウイルス抗原

     ③季節性インフルエンザーウイルス抗原

     ④溶連菌抗原

     ⑤マイコプラズマ抗原

感染防止の為、院内でのマスク着用をお願いします。

検査に時間がかかりますので、下記の時間迄の御来院をお願いします、予約不要です。

 午前 12時30分迄に

 午後 17時迄に

足立区の感染についてのページ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME